excitemusic

ホームセンタや100円ショップのアイテムで簡単防災
by msuda2005
ICELANDia
カテゴリ
全体
防災総合
ホームセンター系
100円ショップ系
その他
中越大震災
地震雪害
民間伝承(言い伝え)
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Although ci..
by ringtones at 02:55
It seems fr..
by download f at 01:37
Would you li..
by nobagolla at 05:11
Discount via..
by Viagra at 21:21
buy viagra o..
by buy viagra at 09:28
order viagra..
by order viagra at 09:22
buy viagra o..
by buy viagra at 09:22
generic viag..
by generic viagra at 09:22
viagra onlin..
by viagra online at 09:21
order viagra..
by order viagra at 09:21
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


三陸地方に「津波てんでんこ」

津波からの救命対策の原点は、沿岸部にいたときや沿岸に生活している人々が「地震、即津波」とイメージし、迅速に安全に避難できるかにかかっている。過去に何度も大津波を経験している三陸地方に「津波てんでんこ」という言い伝えがある。これは、「津波が来たら、親も子供も何もかも見捨てて、テンデンバラバラに逃げなければ命は助からない」という津波災害から命を守るための非常に厳しい言い伝えである。今回のPNGで助かった人々の証言の中にも、「親のことも子供のことも考えずに、ただ一所懸命泳いで助かった」という
証言が多く聞かれた。これはまさに、「津波てんでんこ」である。そして、「話には聞いていたけど、今回の地震で、地震だ、即津波とはイメージできなかった」と証言する人々が多かったことは、今回のPNG津波災害で91年前のシッサノラグーンを襲った大津波の教訓がいきていなかったと言える。
 津波災害は、何十年、何百年に1回来るか来ないかの大災害、その人の人生の中で出会うか出会わないかの非常に特殊な災害である。津波災害は、他の地震や風水害とは異なり、最も災害文化の伝承が難しい災害である。しかし、一旦大津波が襲ってくれば、一瞬にして大量な命を奪っていく悲惨な災害であることを肝に銘じなければならない。
 そして、この困難な津波災害文化の伝承のために、教育課程の中に津波災害文化を学ばせるカリキュラムを構築し、義務教育の過程で子供達にこの重要な災害文化を繰り返し教育してく必要がある。現在は、教科書から消えてしまっているが、わが国にはこの津波災害文化を教育するための格好の教材として「いなむらの火」がある。この「いなむらの火」の教科書への復活を、是非実現させなければならない。
[PR]
# by msuda2005 | 2005-01-15 21:49 | 民間伝承(言い伝え)

言い伝え(2)

白い雨が降ると“蛇抜け"が起こる

蛇抜けとは、谷や沢に降った雨水が一時せき止められて、しばらくして水を含んだ土砂が押し出してくる土石流や鉄砲水のことを言う。
抜けとは、山などの崩れる現象やその場所を指す。山が崩れることを“山が抜ける"と呼ぶ地方は各地にある。

白い雨とは、白雨(はくう)とも言う。白く見える雨のことで夕立、にわか雨のことである(国語辞典)。
大粒の雨が激しく降るときは、飛び散る水しぶきで、まっ白に見えてあとは何も見えない。激しい夕立を白い雨と言いたくなる。
なだれ落ちる滝さらがらに、大地をたたくすさまじい大夕立、視界のすべてを白一色にとじこめてしまう。
筆者がかつて勤務していた広島県には次のような伝承があった。
「視界がきわめて悪くなり、あたりが降る雨で白っぽくなり、棚田の畦(あぜ)を越して一面、滝のように水があふれるときには山が抜ける」
土砂災害に注意を呼びかける昔からの言い伝えである。
山から噴き出す濁流が、のたうちながら大蛇か竜のように下がってくる。土砂の中の岩がぶつかり合って発する火花と稲妻が交錯し、落ち葉の腐ったような臭いを辺り一面に発散しながら流れる―これが土石流の姿だ。
この故事から、1時間に50ミリ以上も降る“猛烈な雨"を「滝のように降る。雨のしぶきで辺り一面が白っぽくなる。土石流が起こりやすい」と表現することにしている。
8月から9月にかけては台風シーズンである。台風が引き起こす土砂災害と洪水災害を少しでも軽減したいものである。
[PR]
# by msuda2005 | 2005-01-15 21:46 | 民間伝承(言い伝え)

言い伝え(1)

朝曇りは、大日照りのもと
大霜の明後日は、天気が下り坂になる
三日月が立ってると、災害がある
蛇が木へ登ったら、雨
猫が顔洗うたら、雨になる
雨蛙が鳴くと、雨になる
月に笠をかぶると、雨になる
西が曇れば雨となり、東が曇れば晴れと なる
[PR]
# by msuda2005 | 2005-01-15 21:43 | 民間伝承(言い伝え)

言い伝えで難を逃れた島人

スマトラ沖地震は、皆さんも承知で甚大な被害をもたらしています。しかし、過去の災害によってできたであろう言い伝えによって難を逃れた島民がいました。「潮が引いたら山に逃げろ」です。日本においても、宮城県沖で発生した津波によって同じような言い伝えが有ると思いました。自然災害関連の言い伝えをもう一度おさらいしてみます。小中学生の自由研究にも採用できるかと思われます。仮設住宅で避難しているお年寄りとのコミュニケーションの一環でやってみてはいかがでしょうか?なぜって、阪神大震災の老人孤独死の件数が半端じゃないからです。
[PR]
# by msuda2005 | 2005-01-15 21:36 | 民間伝承(言い伝え)

ピカピカライト実証試験

実際にピカピカライトを通学かばんに取り付けた場合の視認性を確認しました。
その結果、
①100円ショップの商品でも十分に冬期通学の安全性の確保が可能である。
  懐中電灯のように持つこともないので、両手が開いてより安全。
②ボタン1個しかないので、小学校低学年でも操作が可能である。
③震災地域の通学に限らない。大人の通勤にも使えそう。
④高校生の無灯火自転車通学がなくなる可能性がある。(前照灯を除く)
⑤別売りの反射材と併用すれば更に視認性が向上する。
⑥100円ショップはどこにでもある。流通性が良い。
⑦LED発光なので長時間発光でき、発熱もないので火傷の心配がなく、何より経済的。
⑧点滅の種類がたくさんあって、シーンに合わせてチョイスできる。子供受けがする。飽きない。
⑨カスタム次第(LED交換:要自作)でよりカラフルに。


c0008756_9122371.jpg


ランドセルがないので通勤バックにてライトを取り付け実証試験を行いました。
肩紐部の左右に赤いピカピカライト、ランドセル背面部にクリアのピカピカライト2個。
作成価格はライト4個と単三電池4本と単四電池4本。合計=630円。
取り付けはベルトフックが標準品なので厚さ4mm程度の板厚の物に引っ掛けられます。
あまり厚いところはフックが壊れると思います。


c0008756_916623.jpg


4つ全部点灯状態の写真を見ればわかるように。遠くからでもライトが良く見えました。
写真にはできませんでしたが、4つすべて点滅状態ではものすごくピカピカして100m先からでも良く見えました。


c0008756_9211187.jpg


ビームは強いです。
[PR]
# by msuda2005 | 2004-12-10 09:43 | 100円ショップ系

CDROMの反射を利用する

カバンにランドセルにCDROMをつけてみる。
田畑では鳥よけとしても利用されているので。
自転車のスポーク部に着けていたおばちゃんを目撃したこともある。
[PR]
# by msuda2005 | 2004-12-09 22:34 | 100円ショップ系

夜光ロープ・蓄光ロープ・誘導ロープ

ロープに蓄光剤を織りこんでいるロープがあるようです。
30分の蓄光で夜間8時間光るようです。
通学路沿線で倒壊住宅があってはならないですが、
やむ終えない場合や、街灯が不足しがちな郊外山間部で、
夜間通行するときには大変役に立つのではないでしょうか?
サイズはφ3.5×100m。商品の検索はタイトル名で検索ください。
[PR]
# by msuda2005 | 2004-12-09 22:28 | その他

輝くヘルメット

c0008756_2231260.jpg


輝くヘルメットを発見しました。これは最高ですね。


c0008756_2252264.jpg


これはよくJHのトンネル工事請負業者がかぶっていますね。よく見るやつです。
[PR]
# by msuda2005 | 2004-12-09 22:08 | その他

ヘルメットの見直し

震災直後の映像では、バイク用のヘルメットを着用して避難しているおじさん達が数多く映ってましたね。
子供達はとなると、ヘルメット着用の児童は見られませんでした。

中学校になると自転車通学で着用の義務がありました。しかし格好悪いという理由だけでカゴに入れたままの中学生が多いように見られます。
学校指定のヘルメットについて考え直すべきでは?と思います。
海外の例をみると、自動車の運転が荒いから、ぶつけられるという前提のもとで自主的に着用しているケースが多いように思われます。

話を通学する児童に戻すと、倒壊気味の建物の直撃では意味がありませんが、剥がれた外壁の崩落に対しては効果があると思われます。
実際に見附市等で、商店街の外壁の崩落で通行人がケガをしたケースがありました。
自転車・ローラブレードコーナーにて子供用のヘルメットがありますが。

現実に恥ずかしさから個人で着用する児童はいないと思います。
市町村、学校単位で実行するのが望ましいです。集団登校の小集団(特にひどい地域)のみとかいろいろ導入の方法はあると思います。
まー、ヘルメットのデザインがよければみんな自然につけると思いますけどね。
ドラクエチックに集団登校できればそれだけでも面白そう。
「みんなでドラクエ・FF」

c0008756_2158472.gif
[PR]
# by msuda2005 | 2004-12-08 21:57 | ホームセンター系

ちなみに

新潟県中越地震・雪氷災害調査検討委員会のホームページは、
http://snowy.web.infoseek.co.jp/winter_eq/

参加したい方は<お問合わせの窓口>から連絡してください。
[PR]
# by msuda2005 | 2004-12-08 19:26 | 地震雪害